1989年から標高1050mの地に住まいして
花リレー
0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    台所の西窓から望めるダンコウバイ、彩なき木々空間、その中で

    花火のような小黄色花を咲かせ眼に飛び込んできている。

    外に出て近くに寄ると、一年振りにと甘き香りが漂っている。

    これから冬の訪れまで、可憐な花達のリレーバトンタッチが続き

    和みを受けることになる。

    毎年一番乗りとなる早熟な花を見つけた。西側にはカタクリが一つ、

    玄関前にはクロッカス、南側にはミスミソウ、何れも春の陽を

    浴びようと笑顔を浮かべながら蕾を開き嬉しそうだ。

    人間社会はコロナウィルスで蕾になろうとしている。

    欲望を抑え、じっと耐えれば、そのうちに笑顔で陽を浴びれるだろう。

    その時は、今までの営みを自省し新しき営みを創らなくてはいけない。

     

     

    Posted by : 森の爺さん | 家の周りで | 17:18 | comments(0) | -
    TOP