1989年から標高1050mの地に住まいして
元年登山
0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

     

     

     

     

    一昨日のこと、好天の確信のもと立山行きを決行した。

    平成元年に小学5年と2年の息子の4人で雄山に登った以来の元年登山と

    なった。

    朝一番7時30分扇沢始発に間に合うよう5時過ぎに家を発ち6時45分に

    着くが既に無料駐車場は満杯状態、日頃の行いが良いのか?運よく

    1台分のスペースが有り停められた。

    平日の始発だというのに100人ほどの人が!!電気バス⇒ケーブルカー

    ⇒ロープウェイ⇒トロリーバスを乗り継いで9時過ぎに室堂に着いた。

    階段を上り外に出ると、そこは岩とハイマツと高山植物の別世界、

    そのまま浄土山を目指した。

    ゆっくりと40分ほど登ると軽快な親子連れに追い抜かれた。

    女の子は男孫と同歳の10歳と聞き驚き、何と100名山を制覇したとかで

    さらに驚いた。

    雄山の賑わいと違い浄土山から龍王岳は登山者が少なく、休憩しながら

    景色や高山植物を眺め癒されたりと、一の越山荘を経由して室堂に戻る

    4時間30分の程よい疲れを伴う静かな山歩きを楽しめた。

     

     

     

    Posted by : 森の爺さん | 山行 | 18:44 | comments(0) | -
    盆が過ぎて
    0

      JUGEMテーマ:日々のくらし

      お盆には長男家族と次男夫婦が集まる。

      ベランダに日よけ雨よけのターフを張り彼ら彼女らの先祖となる

      我々二人を加え総勢8人のバーベキューとなる。

      今年は午後2時過ぎから始まり延々と6時ごろまで続いた。

      肉ばかりでなく採りたての自家製野菜やブルーベリーも出番となる。

      薄暗くなり孫たちの花火が終わるとお開きとなり家の中に入る。

       

       

       

      再び二人だけの生活に戻った。

      木々の葉には勢いが弱まり、夜には虫たちの音が聞こえてきている。

      早朝散歩は家に戻りプライベート遊歩道を歩いて終わりとなる。

      オオカメノキやフユイチゴの実が色づきフシグロセンノウは

      林の中で、ひときわ朱色花を主張している。

      季節の変化を眼で感じることの一つであります。

       

      Posted by : 森の爺さん | 家の周りで | 09:20 | comments(0) | -
      季節告げ花
      0

         

         

        久し振りの早朝散歩、夕立が続いたせいだろうか、散歩開始の玄関温度は

        19.5度と35分ほど歩いても汗ばんでこない。人見知りする太郎君と挨拶、

        山栗は小イガを付け、いつもは鳴いているセミはコンクリート道路上で

        朝日を浴び体を温めている。

         

        春から秋まで咲く庭花は季節告げ花である。人間には察知できない

        微妙な変化を捉えたキキョウやオミナエシは先生であります。

         

         

         

        Posted by : 森の爺さん | 家の周りで | 19:58 | comments(0) | -
        梅雨明けと夜の訪問者
        0

          本州全土の梅雨明け宣言前の梅雨なき北海道も今年はどんよりした

          天気だったとか。本州全域が梅雨開け宣言する直前の7月21日から

          24日までの北海道ツアー旅行、昨年の利尻・礼文旅行と同じく我々

          晴れ夫婦が我々参加したせいだろうか?今回も好天に恵まれた。

          名所めぐりよりも箱庭のような本州とは比較しようがなき大きさに

          眼がくぎ付けとなった。

          とにかくも今旅は日本の低き食料自給率のはたす役割に北海道が

          貢献していると実感したことであります。

          梅雨が開け晴日となると梅干し作りが始まる。さし酢漬けの梅を瓶から

          取り出し暑き陽にさらす。

          我が家にはクーラーはもちろん扇風機もない。夕食時の室内温度

          は26℃、暮れようとする景色を眺めながらの夕食、主食はご飯で

          なく妻が作ったばかりのパン、もちろんお酒を飲みながら、

          こんなんことでも幸せを覚える。

          夕食後、テレビをみていると台所から妻の甲高い声が耳に入る。

          何だと思ったら元気良い雌のカブトムシが網戸にとりついて

          いるではないか!愛されてしまったらしい、我が指に力強く

          とりつき離れない。息を吹きかけしがみつく力を弱めたところを

          優しく右手で摘まみ、惚れるなよと外に逃がしてあげた。

          JUGEMテーマ:日々のくらし

           

           

           

           

           

          Posted by : 森の爺さん | 家の周りで | 20:46 | comments(0) | -
          梅雨の花
          0

            JUGEMテーマ:日々のくらし

             

            一昨年の9月に高木な落葉松を伐採した西側の斜面、

            今年はホタルブクロが群生している。

            人の手を借りなくとも自然の植物は自ら居場所を定め住み、

            その姿には感動させられてしまう。

            青空の少ない梅雨だけど、深まった緑の中に雨に濡れた

            アナベルやヤマアジサイ、浮きだつように咲き始め、

            鬱陶しい気持ちを晴れにしてくれる。

            今年も梅をいただき、妻が夏バテ予防にとシロップ漬けにしてみた。

             

            Posted by : 森の爺さん | 家の周りで | 09:54 | comments(0) | -
            TOP