1989年から標高1050mの地に住まいして
ほとばしる
0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

     

    44回目の結婚記念日の今日は薪作り作業で一日を過ごした。

    ずーと30年来、薪は買わないで自ら切り倒し運び手斧で割っている。

    撒き割り機を購入したが、時間がかかり、まどろっこしくて

    カナダ製の重きクサビ斧で割ってしまう。まだまだ若いと勝手に

    自己満足している次第です。でも、さすがに暑い日だ!汗で下着は

    びっしょり、西側の沢では清楚可憐な水芭蕉とリュウキンカを望め

    一服の清涼剤となる。昼食は手作りマスクをいただいたSさんにと

    御礼手打ちそばを打った。美しくて!美味しくて!御主人すごい!と

    メールが届き、思わず木に登りたくなってしまった。

     

    ほとばしるように早朝から小鳥たちは囀り、地中からは生命の息吹が

    叫びだし、コブシやオオカメノキやヤマザクラが花を咲き始め、

    山ウドやギョウジャニンニクやコゴミが一晩で顔を出してきた。

    今日昼食のビールおつまみは我が家で採れた山ウドにコゴミに春菜に

    ギョウジャニンニクの4品、贅沢だ!飲み過ぎないようと言い聞かせた。

     

    Posted by : 森の爺さん | 家の周りで | 20:13 | comments(0) | -
    ビーフシチュー
    0

      JUGEMテーマ:日々のくらし

       

      昨日のこと、穏やかなポカポカ陽気に誘われ、コロナ籠りストレスを

      発散しようと長男家族が山に登ってきた。

      着く早々、家の周りを走り回る孫の二人、大人の想像以上にストレスが

      蓄積しているようだ。

      昼食は長男の作る野外ビーフシチュー、ことのほか美味しいのか男孫は

      食べ過ぎてプックリ腹となり満足顔だ。

      カタクリ最盛期の花達を背にしたノンビリ嬉し楽しき昼食だった。

       

       

      Posted by : 森の爺さん | 料理・食事 | 19:02 | comments(0) | -
      雨籠り
      0

        JUGEMテーマ:日々のくらし

         

         

        夜中に屋根を打ちつける雨音で快眠を中断された。

        その雨は降り止まず、昼まで掘りごたつの世話になることに、

        薄青空が覗き始めた午後4時過ぎ、木枝についた水滴がキラキラと

        光り輝き、つかの間の感動を自然は演出してくれた。

         

        故郷風景の中、田舎道の脇で咲いている菜の花を摘んできた。

        煮物や辛し和えで待ちわびた春を今年も味わえた。

         

        Posted by : 森の爺さん | 家の中で | 17:49 | comments(0) | -
        なごり雪
        0

          なごり雪で薄き白化粧した日が何度も繰り返している。

          自然は、もうこの辺で人への戒めを止め、大気中のコロナを

          雪に吸着させ落とし、木々や地表につかの間の白き美を造り出している。

          ぬくぬくと家の中にいる自分たち、外ではカタクリ家族が何事にも

          負けまいとじっと寒さに耐えている。

          何か、とっても、いとおしく、心うたれる。

          JUGEMテーマ:日々のくらし

          Posted by : 森の爺さん | 家の周りで | 18:30 | comments(0) | -
          花リレー
          0

            JUGEMテーマ:日々のくらし

            台所の西窓から望めるダンコウバイ、彩なき木々空間、その中で

            花火のような小黄色花を咲かせ眼に飛び込んできている。

            外に出て近くに寄ると、一年振りにと甘き香りが漂っている。

            これから冬の訪れまで、可憐な花達のリレーバトンタッチが続き

            和みを受けることになる。

            毎年一番乗りとなる早熟な花を見つけた。西側にはカタクリが一つ、

            玄関前にはクロッカス、南側にはミスミソウ、何れも春の陽を

            浴びようと笑顔を浮かべながら蕾を開き嬉しそうだ。

            人間社会はコロナウィルスで蕾になろうとしている。

            欲望を抑え、じっと耐えれば、そのうちに笑顔で陽を浴びれるだろう。

            その時は、今までの営みを自省し新しき営みを創らなくてはいけない。

             

             

            Posted by : 森の爺さん | 家の周りで | 17:18 | comments(0) | -
            TOP